業務紹介

検体検査

血液・尿・便・体腔液などの検査を行っています。院内で測定可能な検査項目は、各検査担当者が迅速に検査結果を報告しています。当院の検体検査室は日本臨床衛生検査技師会の精度保証施設認証を取得しています。

◆生化学・免疫学的検査◆
血液を遠心分離機にかけて血球と血清に分離し、血清中の成分を分析します。生化学検査は肝臓や腎臓の機能など、身体の状態を知ることが出来ます。免疫学的検査では、腫瘍マーカーや甲状腺ホルモン、感染症などの検査を行っています。病気の診断や治療効果の判定、症状の経過観察に欠かせない検査です。

◆血液学的検査◆
貧血や多血症、炎症などを知るために、赤血球・白血球・血小板の検査を行います。必要時には臨床検査技師が顕微鏡で形態観察を行い、異常な細胞の存在を確認しています。凝固検査では、血液の止血能力・線溶能力を知ることができます。

◆一般検査◆
尿・穿刺液・便などに含まれる成分の検査を行います。腎・尿路系の疾患や各臓器の異常など調べることができます。インフルエンザウィルスや肺炎球菌などの迅速検査も実施しています。

輸血検査

輸血を必要とされている患者さんに安全な輸血が提供できるよう血液型(ABO式・Rh式)、不規則抗体、交差適合試験を検査しています。また、血液製剤・自己血液製剤の保管・管理を行っています。当院の輸血検査は自動輸血検査機器「オーソ社 VISION」を導入し、より安全・迅速な血液製剤準備に努めています。

採血室

臨床検査技師と看護師が採血を行っています。患者さんに安心して採血を受けていただけるよう、細心の注意を払い実施させていただいています。多少の痛みは伴いますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

【採血を受ける方にお願い】
以下に該当する患者さんは、採血前にスタッフにお声がけください。

  • 採血してはいけない腕がある方
  • アルコールや絆創膏で皮膚がかぶれてしまう方
  • 採血でご気分の悪くなったことがある方

生理検査

◆心電図検査◆
四肢と胸部に電極を取り付けて心臓の電気的活動を記録します。不整脈、狭心症、心筋梗塞などの疾患を診断に有用です。ホルター心電図では24時間心電図を記録することで、どんな種類の不整脈が出現しているか検査し、短時間の心電図記録では捉えられない不整脈の診断が可能となります。

◆運動負傷心電図検査◆
トレッドミル検査やマスター心電図検査を行います。トレッドミル検査は傾斜・速度が変化するベルトの上を運動していただき、心電図及び血圧の変化を測定します。狭心症や不整脈の評価を医師立会いのもとで行います。マスター心電図検査は、階段昇降の前後での心電図変化を評価します。

◆肺機能検査◆
息を吸ったり吐いたりして、肺に出入りする空気の量や速度を測定します。喘息や肺気腫の有無、手術前の呼吸機能を評価します。

◆ABI検査◆
両腕・両足の血圧を同時に測定し、血管の硬さや足の血管の詰まり具合を調べる検査です。

◆脳波検査◆
頭皮に電極を取り付けベッドに仰向けに寝ていただき、脳の活動(微弱な電波)を波形で記録します。てんかん、意識障害などの診断に役立ちます。痛みのない検査です。

◆神経伝導速度◆
四肢の神経や顔面神経などを微弱な電気で刺激し、神経の機能を調べます。手足のしびれや、麻痺、脱力感、顔面神経麻痺など末梢神経障害が疑われる場合に検査します。多少痛みは生じますが、体には無害な検査です。

◆聴力検査◆
防音室に入っていただき、音の聞こえる具合を検査します。純音聴力検査(気導・骨導)・チンパノメトリー検査・レフレックス検査を行っています。難聴やめまいの診断にかかせない検査です。

超音波検査

体にゼリーを塗り超音波検査装置を用いて映像化することで、病変の有無を観察します。対象となる部位は心臓・腹部・甲状腺・頸動脈・乳腺・下肢血管・関節などがあります。体には無害な検査です。乳腺エコーは女性技師が担当いたします。超音波検査室では、予定通りスムーズに検査を受けていただけるよう努めていますが、検査内容や状況によりお待たせする場合があります。ご理解をよろしくお願いいたします。

超音波検査

◆新型機種導入のお知らせ◆
2020年8月より超音波検査装置「キャノンメディカルシステムズ社 Aplio i700」が導入されました。より高画質・明瞭な画像描出により、肝臓の硬さの評価などをよりスムーズに提供いたします。

病理検査室

病理検査とは患者さんの体から採取された組織や細胞を染色し、顕微鏡で観察する検査です。当院での病理検査は大きく分けて組織診断、細胞診断、病理解剖の3つを行っています。組織診断は生検材料による組織診断、手術切除材料におる組織診断、術中迅速(凍結材料)診断を行います。細胞診断は痰や尿など通常の細胞を診断する検査と、手術中に腹水などを迅速に診断する術中迅速検査を行います。病理解剖は臨床病理症例検討会(CPC)を開催し、臨床医や研修医、看護師や他のコメディカルスタッフとディスカッションし、診断の向上に努めております。

◆診療体制◆
常勤病理専門医(細胞診専門医)  1名
臨床検査技師           7名(専従細胞検査士2名)

検体の受付から診断報告までは電子カルテと病理システムを活用し、情報管理の一元化と業務効率の向上を図ることでより正確な情報を臨床に提供しています。

◆業務内容◆
①生検組織診断
生検と呼ばれる小さな検体を取り扱っています。生検には内視鏡的に採取されたものがあり、これらを標本作製し病変の良悪性の判断や治療の効果判定を行っています。

②手術切除組織診断
手術により切除された比較的大きな検体での診断は、病理医と臨床検査技師が診断に必要な部位をサンプリングして標本作製しています。腫瘍の性状や拡がり、転移の有無などを調べています。「がん取り扱い規約」に基づいて診断を行っており、病期判定を含めた報告書を臨床医に報告しています。

③術中迅速診断
術中迅速診断とは、手術中に採取された病変の一部を急速凍結状態にして病理標本を作製します。病理医が診断を行い、依頼した臨床医に報告されます。手術中に行われる検査のため、よりスピーディーで正確な検査が求められます。

④病理解剖
不幸にしてお亡くなりになられた患者さんのご遺体を、生前不明であった死因や治療の効果判定を検証させていただくため、ご遺族の承諾が 得られましたら病理解剖をさせていただき、今後の医療に貢献することを目的とします。

⑤細胞診断
病変部から細胞を採取し細胞を診断することを目的としています。比較的診断までの工程は組織診断より簡便で、主な検体はフ時間・泌尿器・呼吸器・体腔液(胸水・腹水)などです。検査は有資格者(細胞検査士)が行い、最終的には細胞診専門医が承認するダブルチェック方式で診断を行っています。

◆教育◆
病理解剖を行った症例はほぼ全例について、臨床病理症例検討会(CPC)を開催しています。臨床医、研修医、看護師やコメディカルが参加し、様々な領域から意見交換を行っています。

◆実績(件数)◆

2017年度 2018年度 2019年度
組織診断(迅速診断) 2,910(66) 2,906(91) 3,037(81)
細胞診断(迅速診断) 3,689(13) 3,898(25) 4,103(9)
剖検数 12 6 11
CPC症例 8 8 6

当院では、常勤病理医のもと外科病理診断・術中迅速診断・病理解剖などを行っています。また、他院からのセカンドオピニオンや免疫染色、一部の遺伝子検索にも対応しております。