病院案内

沿革

1982年
(昭和57年)
5月 東大宮病院開設(内科・外科・整形・眼科)
病床数153床
1984年
(昭和59年)
6月 救急病院指定 承認
7月 労災保険指定医療機関 承認
1985年
(昭和60年)
2月 増床109床 許可 (262床)
1986年
(昭和61年)
12月 医療法人社団協友会 東大宮病院開設 (262床)
1993年
(平成5年)
4月 東大宮ヘルパーステーション開設 
指定居宅介護支援事業所指定
6月 東大宮総合病院へ名称変更
1994年
(平成6年)
10月 老人病棟入院医療管理61床 承認 (一般201床,老人入管61床)
1995年
(平成7年)
8月 老人病棟入院医療管理 病床数変更 60床
   (一般202床,老人入管60床)
1997年
(平成9年)
9月 増床55床 許可 (317床)
2001年
(平成13年)
10月 介護療養型医療施設「療養型Ⅰ型」 70床 変更承認
   (一般247床,介護療養70床)
2003年
(平成15年)
5月 障害者施設等入院基本料2 2.5:1看護 51床 承認 
   (一般196床,障害51床,介護療養70床 合計317床)
11月 厚生労働省指定管理型臨床研修病院
2004年
(平成16年)
8月 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)の導入
2005年
(平成17年)
9月 日本医療機能評価機構 病院機能評価受審・認定(Ver.4.0)
2006年
(平成18年)
8月 回復期リハビリテーション病棟入院料38床 承認 
   (一般196床,障害51床,医療療養32床,回復期38床)
2007年
(平成19年)
7月 回復期リハビリテーション病棟入院料32床 承認 
   (一般196床,障害51床,回復期70床)
2008年
(平成20年)
5月 一般病棟入院基本料1 7:1 247床 承認 
   (一般247床,回復期70床)
7月 DPC導入
2010年
(平成22年)
4月 一般病棟入院基本料1 7対1 入院基本料285床 承認
回復期リハビリテーション病棟入院料1 
(重症患者回復病棟加算含む) 32床 承認
10月 日本医療機能評価機構 病院機能評価更新(Ver.6.0)
2012年
(平成24年)
4月 埼玉県がん診療指定病院に指定
2013年
(平成25年)
9月 回復期リハビリテーション病棟入院料1 32床を一般病棟入院基本料1 7対1 
入院基本料に変更申請、一般病棟入院基本料1 7対1 入院基本料 317床
(全床、一般病棟317床)
2014年
(平成26年)
2月 電子カルテ(SSI)導入
2015年
(平成27年)
7月 医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター開設(337床:入院20床増床)
8月 ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影(PET-CT)導入
2016年
(平成28年)
10月 日本医療機能評価機構 病院機能評価認定更新(3rdG:Ver1.1 一般病院2 副機能:緩和ケア病院)
2017年
(平成29年)
7月 JCI(Joint Commission International)認証取得
2018年
(平成30年)
1月 JMIP(外国人患者受入れ医療機関認証制度)認証取得
12月 256列CT導入
2021年
(令和3年)
4月 内視鏡手術支援ロボット(ダビンチ)稼働