副院長 長田 秀夫 脳神経外科

自己紹介

霊峰富士の麓である山梨県富士吉田市で高校時代まで過ごしました。防衛医科大及び海上自衛隊任官後は、体力、規律、協調性、忍耐力などを鍛えられ、医学や臨床のみならず、各方面との調整や行政能力も培うことができました。それらの経験全てが現在の礎となっているものと自負しております。平成27年4月に当院に赴任し、同年7月の当院の新規移転以降、救急搬送件数の激的な増加に伴い脳神経外科の入院数、外来受診数、及び手術件数ともに飛躍的に伸びている状況です。これもご紹介下さる近隣各医療機関の先生方、及び救急隊の皆様のご尽力の賜と考えております。誠にありがとうございます。
「泥臭く、誠実に、ハードワーク」この言葉を胸に、今後もスタッフ一同、日々努めて参りたいと思っております。

個人手術実績

2005~2015.3 (順天堂静岡&防衛医大) 985例
脳動脈瘤188例、脳腫瘍299例 (開頭182 経鼻117)、 血行再建術57例他
2015.4~2019.3 (当院) 521例
脳動脈瘤63例、脳腫瘍43件、血行再建術(CEA&バイパス)65例他

出身大学・卒業年

平成5年 防衛医科大学校卒

経歴

  • 平成5年
  • 防衛医科大研修医
  • 平成7年
  • 海上自衛隊厚木基地医官
  • 平成9年
  • 防衛医科大専門研修医
  • 平成11年
  • 自衛隊横須賀病院脳神経外科
    東海大学医学部病理学講座研究員
  • 平成15年
  • 順天堂大学付属順天堂医院脳神経外科助教
  • 平成16年
  • 順天堂大学付属静岡病院脳神経外科助教、講師、准教授
    ドクターヘリフライトドクター兼務
  • 平成19年
  • 防衛医科大脳神経外科講師、医局長
  • 平成27年
  • 当院脳神経外科部長
  • 平成29年~
  • 当院副院長、臨床研修センター長