病院案内

医療の質評価指標

血液製剤の廃棄率

輸血用の血液製剤は、安全で適切に無駄なく使用されなければなりません。
血液製剤の廃棄率は、輸血血液製剤が病院内で適切に管理されているかどうかを示す指標となります。
献血に由来する血液製剤はその有効利用が求められ、購入した製剤全てが無駄なく使用されることが望まれます。
しかし、不適切な取り扱い、過剰請求による在庫の増大と有効期限切れなどにより廃棄される製剤があります。すなわち、血液製剤廃棄率は病院全体としての医療の質の指標と言え、貴重な血液製剤を大切に使用するように、継続的な取り組みを実施していきたいと考えています。

計算式
廃棄血液製剤の単位数×100(%)
使用血液製剤の単位数+廃棄血液製剤の単位数