地域連携室

開放型病院の案内

ご案内

当院の開放型病院は、大宮医師会との合意の基に、厚生労働大臣が定める施設基準に沿って、知事に届出し、承認を受けた保険医療機関です。
よって、病院の施設及び設備をできる限り開放し、開放病床を利用して頂くだけでなく、開業医の先生と病院医師と共同で診察ができ、また手術や検査なども一緒に実施して頂くことができます。

開放型病院を有効利用して頂くことによって、地域住民の方々にとって開業医の先生方「かかりつけ医」と病院「病診連携」とで情報の共有化が図れ、一貫した治療が受けられることとなり、医療に安心と信頼を築くことに繋がります。

彩の国東大宮メディカルセンターでは開放型病院を、多くの開業医の先生方に利用して頂き、厚生労働省の推奨する「かかりつけ医」と「病診連携」をより推進させることはもとより、更なる地域医療の充実と発展を目指していきたいと思っております。

医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター
院長 坂本嗣郎