病院案内

治療への取り組み

治療への取り組み

彩の国東大宮メディカルセンターでは、様々なチーム医療を行っています。

患者様の病状、人生観、生活スタイルに合わせた効率のよい安全な医療を提供するために

彩の国東大宮メディカルセンターで取り組んでいる「チーム医療」は、病院内の専門職(医師、看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士など)や事務部門など、多種多様な医療スタッフがそれぞれの高い専門性を活かし、目的と情報を共有し、状況に的確な対応をしています。

彩の国東大宮メディカルセンターの医療チームリスト

緩和ケアチーム

がんと共に生きる患者様の痛みなどの症状や不安に対し、がんによるあらゆる症状の緩和に向けてサポートしていきます。

NST

低栄養など栄養管理の必要な患者様に対し、最良の方法で栄養支援していきます。

ICT

院内外の「感染」に関してのコントロール、〝感染が起こらない様に〟日々活動しています。

RST

「より早い人工呼吸器からの離脱」、「呼吸ケアのレベルアップ」をめざして、患者様一人ひとりの呼吸をサポートしています。

口腔ケアチーム

口腔環境の快適性の確保、咬む、飲み込むといった口腔機能の維持、回復、QOLの向上に取り組んでいます。

糖尿病療養チーム

良好な代謝コントロールの維持、合併症の発症を予防で健常人と変わらぬ社会生活を目指し、取り組んでいます。

褥瘡対策チーム

「褥瘡(じょくそう)」とは、一般的にいう「床ずれ」のこと。褥瘡対策はいまや病院全体で取り組む時代です。