専門治療

褥瘡対策チーム

急性期からの口腔内の清潔と、機能回復のために効果的なケアを提供していきます。

褥瘡対策チームとは

「褥瘡」という言葉をご存知ですか?一般には「床ずれ」と呼ばれる、いわゆる「寝たきり」状態の方の腰まわりにでき易い皮膚の壊死や潰瘍のことです。
褥瘡は、ずっと同じ格好で寝ていたり、座っていることによって、血液の流れが悪くなり、皮膚やその下にある組織が傷ついてしまう状態をいいます。一度できると治りにくくなることもあるため、予防が大切になります。褥瘡予防には、こまめな体位変換や衛生管理、加えて栄養管理が必要になるなど、多方面からのアプローチが必要です。そこで当院では、褥瘡対策チームで情報交換をしながら、褥瘡の治療・ケアにあたっています。また、各病棟には褥瘡担当の看護師(リンクナース)がおり、褥瘡をつくるリスクが高そうな入院患者さんを随時あげてもらい、褥瘡予防に努めるほか、褥瘡ができてしまった場合も、それ以上悪化しないよう治療を行っています。

メンバー
  • 皮膚科医師
  • 看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師、リンクナース)
  • 管理栄養士
  • 薬剤師
  • 理学療法士
  • 臨床検査技師
  • 事務員
活動内容
  • 褥瘡の現状把握(褥瘡危険因子保有者率調査、褥瘡発生率の算出・推移)
  • 体圧分散用具の管理
  • 褥瘡回診
  • 教育活動(定期的な勉強会の実施)

当院の医療チームリスト

がんと共に生きる患者様の痛みなどの症状や不安に対し、がんによるあらゆる症状の緩和に向けてサポートしていきます。
低栄養など栄養管理の必要な患者様に対し、最良の方法で栄養支援していきます。
院内外の「感染」に関してのコントロール、〝感染が起こらない様に〟日々活動しています。
「より早い人工呼吸器からの離脱」、「呼吸ケアのレベルアップ」をめざして、患者様一人ひとりの呼吸をサポートしています。
口腔環境の快適性の確保、咬む、飲み込むといった口腔機能の維持、回復、QOLの向上に取り組んでいます。
良好な代謝コントロールの維持、合併症の発症を予防で健常人と変わらぬ社会生活を目指し、取り組んでいます。
「褥瘡(じょくそう)」とは、一般的にいう「床ずれ」のこと。褥瘡対策はいまや病院全体で取り組む時代です。