専門治療

口腔ケアチーム

急性期からの口腔内の清潔と、機能回復のために効果的なケアを提供していきます。

口腔ケアチームとは

口腔ケアチームでは、口腔環境の快適性の確保ならびに、咬む、飲み込むといった口腔機能の維持、回復、QOLの向上に取り組んでいます。また、人工呼吸器関連肺炎やがん患者様の口腔粘膜炎や術後感染などの合併症、高齢者の誤嚥性肺炎の予防を目的としています。
このチームは歯科医師、医師、看護師、歯科衛生士、言語聴覚士、薬剤師で編成しており、各病棟看護師への口腔ケアの指導、周術期患者様への口腔ケア指導、指導前後の評価、全職員を対象とした口腔ケアの勉強会を行なっています。
今後も口腔ケアの重要性を周知させ、安全管理の向上や医療費軽減に役立つ活動をしていきたいと思います。

当院の医療チームリスト

がんと共に生きる患者様の痛みなどの症状や不安に対し、がんによるあらゆる症状の緩和に向けてサポートしていきます。
低栄養など栄養管理の必要な患者様に対し、最良の方法で栄養支援していきます。
院内外の「感染」に関してのコントロール、〝感染が起こらない様に〟日々活動しています。
「より早い人工呼吸器からの離脱」、「呼吸ケアのレベルアップ」をめざして、患者様一人ひとりの呼吸をサポートしています。
口腔環境の快適性の確保、咬む、飲み込むといった口腔機能の維持、回復、QOLの向上に取り組んでいます。
良好な代謝コントロールの維持、合併症の発症を予防で健常人と変わらぬ社会生活を目指し、取り組んでいます。
「褥瘡(じょくそう)」とは、一般的にいう「床ずれ」のこと。褥瘡対策はいまや病院全体で取り組む時代です。