診療科

放射線科

リニアック(放射線治療)

マンモグラフィー検診施設画像認定

当院は埼玉県がん診療指定病院として、患者さまが安心して治療を受けられる体制を備えています。昨年の病院移転を機に、さらにがん診療に力を注ぐべく「がん治療センター」が新設され、様々な機能をもったブースが集結しました。がん診療には欠かせないPET-CTの設置をはじめ、化学療法専門の治療室や、緩和ケア専門外来を開設し、がん全般に対応するがん相談支援センターも整備されました。
 平成27年10月より放射線治療を本格的にスタートさせ、がん治療センター内に放射線治療装置Clinac iX(VARIAN medical systems)を導入し、放射線治療医による、根治的照射(完治させる)、緩和的照射(苦痛を抑える)、予防照射が可能となりました。今後も放射線治療の充実を図るために、放射線の強さに強弱をつけることができる「強度変調治療IMRT」や、他方向から集中照射できる「定位照射STI」を導入する予定です。

放射線治療とは

がん治療には大きく分けて、手術療法、化学療法、放射線療法の3種類があり、その中から患者さまに最も適した、有効な治療法を選択していきます。
 放射線治療は、エネルギーの高い放射線(エックス線や電子線)を体外から照射し、病巣部の細胞内にある遺伝子(DNA)にダメージを与え、細胞を死滅させたり、がん細胞分裂の進行を抑えたりする治療法です。そして、放射線治療には大きな利点が3つあります。

① 他の治療と比べて肉体的負担が少ない(切らずに治す)
② 機能・形態を温存しながら行える(低侵襲)
③ 全身状態がよければ、外来通院で行える(治療中・治療後の生活維持が可能)

また、放射線治療新患者数は、全国で2007年に18.2万人、2010年で25万人、と増加の一途であり、2015年には36~40万人と予想されています。

放射線治療の対象疾患

悪性腫瘍… 脳腫瘍(原発性、転移性)、頭頸部癌(喉頭癌、口腔癌、咽頭癌など)、肺癌、縦隔腫瘍、食道癌、乳癌、胃リンパ腫、前立腺癌、子宮頸癌、直腸癌、膀胱癌、脊髄腫瘍、皮膚癌、骨軟部腫瘍、悪性リンパ腫、骨髄腫、(肝胆膵臓癌の一部)など
良性疾患… 甲状腺眼症、ケロイドなど

がん治療の一つである放射線治療についてやがん治療の方針をはじめ、がんに対する小さな悩みや不安など専門的に相談は、がん治療センター内にある「がん相談支援センター」へご相談ください。