診療科

放射線科

マンモグラフィー

全ての女性を乳癌から守りたい
まず、その第一歩が定期的に行うマンモグラフィなのです。

マンモグラフィー検診施設画像認定

当院では高度で専門性の高い診療を提供するとともに、地域住民に愛される病院をめざして、スタッフ一同医療の質向上の為に積極的に日々取り組んでおります。乳癌や大腸癌・胃癌をはじめとする疾患の早期発見をめざした予防医学にも力を注いでおります。

病院移転に伴い新たに導入した装置は、従来のものより高精度の画像を生成し、FPDパネルによる低線量化を実現しました。また、日本乳がん検診精度管理中央機構(マンモグラフィー乳癌検診の精度管理について検討し、管理・運営を行なっている特定非営利活動法人)による、マンモグラフィ検診施設画像認定を受けております。この『マンモグラフィ検診実施画像認定』に合格した施設はマンモグラフィ検診の優良施設とされます。

乳がんについて

現在、日本人女性で乳癌を発症する割合は約14人に1人、また乳癌で死亡する女性の数は年間1万人越えといわれております。残念なことに、先進国で唯一乳癌による死亡率が年々増加しているのが現状です。この最大の原因として、乳癌検診の受診率の低さが考えられます。私達は乳癌で死亡する女性を減らす為、日々真剣に取り組んでおります。
当院では女性技師が女性の気持ちに立って、マンモグラフィが敬遠される最大の理由である、圧迫による痛みを極力軽減いたします。

乳癌の危険因子

危険因子の多くは、女性ホルモン(エストロゲン)が介して作用しています。

早い初潮/遅い閉経/未産および少ない出産回数/高齢での初回出産/授乳歴無し/閉経後肥満/良性乳腺疾患既往/定期的運動なし/習慣的アルコール摂取/食事(野菜・果物・魚の低摂取)/都市部在住/乳癌家族歴あり

マンモグラフィ検診の普及で非触知乳癌(多くは非浸潤性乳癌)の発見は増加していますが、検診受診率が低いため未だ多くの乳癌が腫瘤の自覚で見つかっております。

検査について

検査について

撮影は女性技師が行いますので、ご安心下さい。
乳房を専用の機器を使って圧迫し、出来るだけ薄く伸展させ、その状態で左右2方向ずつ、合計4枚撮影します。(場合によっては異なる場合もあります)
圧迫の際に若干の痛みを伴いますので、予めご了承下さい。

被爆が心配…

被ばくの影響は「ある値以上浴びると障害が起こる」という確定的影響があります。人体の身体の大部分の組織は1年あたり0.5Gy(*)までが許容されます。マンモグラフィは1回でおよそ1~3mGy(0.001~0.003Gy)なので、1年あたりに許容される0.5Gyの数百文の1程度、極めて微量ということなのです。ですから、マンモグラフィの恩恵は計り知れないのです。ご安心して検査をお受け下さい。

※(*)…Gy(グレイ):吸収線量の単位

私たち女性スタッフは乳癌の早期発見に向け技術の向上・診断価値の高い写真を得るために、日々努力しております。誰からも信頼される、ゆとりある優しい検査を実施するように心掛けておりますので、安心してご来院下さい。

ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。