診療科

泌尿器科

診療科紹介

教育認定施設
日本泌尿器科学会認定専門医教育施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設

人体にとってとても重要な器官である「泌尿器」。泌尿器科はとても奥が深い分野です。

泌尿器科とは

尿路と男性生殖器に関する症状あるいは病気、副腎の腫瘍などを治療する専門性の高い科です。  尿路とは尿を作り排泄するための臓器で腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれます。 男性生殖器とは生殖にかかわる男性の臓器で前立腺、精巣(睾丸)、陰茎、精巣上体(副睾丸)、精管などが含まれます。 副腎とは血圧の調節、自律神経、ストレスへの対応などに関係するホルモンを産生する臓器です。

尿路とは

尿を作り排泄するための臓器で腎臓・尿管・膀胱・尿道が含まれます。

男性生殖器とは

生殖にかかわる男性の臓器で前立腺・精巣(睾丸)・陰茎・精巣上体(副睾丸)・精管などが含まれます。

副腎とは

血圧の調節・自律神経・ストレスへの対応などに関係するホルモンを産生する臓器です。

泌尿器科の疾患

どのような症状があると泌尿器科の病気が疑われるのか?
腎臓機能が低下することによる症状(むくみ、高血圧、尿タンパク)

腎炎、腎不全など

腎臓と尿管の腫れによる痛み(背中からわき腹にかけての痛み)

腎結石、尿管結石、腎臓癌、急性腎盂腎炎など

血尿(尿に血が混じる、潜血が出る

腎臓癌、尿管癌、膀胱癌、尿路結石、前立腺肥大症、膀胱炎など

排尿障害(排尿困難【おしっこが出にくい】、頻尿【おしっこが近い】、尿失禁【おしっこがもれる】、残尿感【おしっこが残った感じ】)

前立腺肥大症、前立腺癌、神経因性膀胱、膀胱炎、膀胱癌など

排尿痛(おしっこする時に痛い)

膀胱炎、尿道炎、前立腺炎など

陰嚢の腫れ・痛み

精巣(睾丸)癌、急性精巣上体炎(副睾丸炎)、陰嚢水瘤、精巣捻転、精索静脈瘤など

男性機能障害

男性更年期障害、勃起障害(ED)

泌尿器科の特徴

  • 二人の日本泌尿器科学会認定医の指導医が診療をおこなっておりますので、経験が未熟な医師の診察を受けることはありません。

  • 中規模病院であるため小回りがきき、大病院とは違って診察や検査、手術などであまり待たされることはありません。つまり、患者様のご都合の良い日時・時間帯に診療を受けることができます。

  • 一般外来以外に前立腺外来男性更年期外来排尿外来を設けています。

  • 腎臓の機能が低下している患者様を内科医とともに診療させていただいております。腎不全で透析が必要となられた方には透析療法を行っています。入院での透析も可能です。

  • 腎結石尿管結石などの尿路結石に対しては、体外衝撃波による結石破砕(ESWL)を行っており、体の外から切らずに結石を破砕いたします。入院せずに破砕することも可能です。

  • 進行した前立腺癌や膀胱癌の患者様に対しては、インフォームドコンセントを得た上で積極的に抗癌剤による化学療法や放射線との併用療法を行います。またご希望があればハーブや漢方を用いた癌治療などもご紹介致します。膀胱癌はできる限り膀胱を温存して膀胱を摘出しないですむように努力しています。

  • 岡田医師は女性の泌尿器科医です。女性で泌尿器科受診を躊躇されている患者様には受診しやすいと好評です。

  • セカンドオピニオンを重視しております。ご希望があればセカンドオピニオンを求めて他院をご紹介致します。また、飯泉医師は平成16年3月まで大学で助教授として診療・教育・研究に携わっておりました。このため世界的な治療法の動向、国内の泌尿器科の実情に精通しており、セカンドオピニオンの求めに応じることも可能ですし、高度な医療が必要であるならばその治療にもっとも適した大学あるいは病院をご紹介致します。

    • ※セカンドオピニオンに関しては、あらかじめご連絡いただければ十分な時間を取れる日時にご相談をお受けすることも可能です。

担当医

 飯泉達夫(いいずみたつお)

飯泉達夫(いいずみたつお)

【資格】

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
緩和ケア研修修了
難病指定医

 岡田栄子(おかだえいこ)

岡田栄子(おかだえいこ)

【資格】

日本泌尿器科学会専門医・指導医
キレーション療法認定医
緩和ケア研修修了
難病指定医

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
飯泉達夫 
岡田栄子 
飯泉達夫 
飯泉達夫 
岡田栄子 
飯泉達夫 
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
岡田栄子 
飯泉達夫 
岡田栄子