診療科

泌尿器科

診療科紹介

教育認定施設
日本泌尿器科学会認定専門医教育施設 日本がん治療認定医機構認定研修施設

当院泌尿器科の特色

 当院では「体に優しい、低侵襲な治療」「機能温存」を心掛けており、腹腔鏡手術から前立腺に対するミニマム創手術、レーザーを用いた前立腺手術・尿路結石破砕手術、女性骨盤臓器脱・尿失禁手術など、日本国内で一般に行われている成人に対する泌尿器科手術のほぼ全てを施行することが可能です。

泌尿器科の疾患

腎臓機能が低下することによる症状(むくみ、高血圧、尿タンパク)

腎炎、腎不全など

腎臓と尿管の腫れによる痛み(背中からわき腹にかけての痛み)

腎結石、尿管結石、腎臓癌、急性腎盂腎炎など

血尿(尿に血が混じる、潜血が出る

腎臓癌、尿管癌、膀胱癌、尿路結石、前立腺肥大症、膀胱炎など

排尿障害(排尿困難【おしっこが出にくい】、頻尿【おしっこが近い】、尿失禁【おしっこがもれる】、残尿感【おしっこが残った感じ】)

前立腺肥大症、前立腺癌、神経因性膀胱、膀胱炎、膀胱癌など

排尿痛(おしっこする時に痛い)

膀胱炎、尿道炎、前立腺炎など

陰嚢の腫れ・痛み

精巣(睾丸)癌、急性精巣上体炎(副睾丸炎)、陰嚢水瘤、精巣捻転、精索静脈瘤など

女性の排尿トラブル

骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、腟断端脱)、尿失禁など

男性機能障害

男性更年期障害、勃起障害(ED)

担当医

部長 佐藤克彦(さとうかつひこ)

部長  佐藤克彦(さとうかつひこ)

【資格】

医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科腹腔鏡)
日本泌尿器科学会日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
緩和ケア研修修了
難病指定医

医長 五十嵐智博(いからしともひろ)

医長  五十嵐智博(いからしともひろ)

【資格】

医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科腹腔鏡)
日本泌尿器科学会日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医

非常勤医  飯泉達夫(いいずみたつお)

【資格】

医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
緩和ケア研修修了
難病指定医

非常勤医  岡田栄子(おかだえいこ)

【資格】

日本泌尿器科学会専門医・指導医
キレーション療法認定医
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修修了
難病指定医

外来担当医

泌尿器科の午前の受付は11:30までとなります。
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
飯泉達夫 受付終了11:30
担当医 予約制
飯泉達夫 受付終了11:30
佐藤克彦 受付終了11:30
五十嵐智博 受付終了11:30
佐藤克彦 (第2・4週診療)
五十嵐智博 (第1・3・5週診療)
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
担当医 予約制
飯泉達夫 予約制
佐藤克彦 予約制
五十嵐智博 予約制

泌尿器がん

当院ではがん治療に特に力を入れております。手術を中心に化学療法や放射線療法も積極的に施行しております。また、手術に関しては可能な限り体に優しい低侵襲な治療を行っています。

  • 腎がん
    近年、腎臓を全摘出するよりも、腫瘍部分のみを部分摘出する方が生存率が高いことが明らかになりました。一般的には腫瘍最大径が4cm未満のTNM分類でT1aという早期の段階の症例が腎部分切除術の適応となっておりますが、当科においてはT1bもしくはT2という進行した症例であっても、可能な限り部分切除を行い腎の温存を図っております。腎がんの場合、全摘出は基本的に腹腔鏡で行い、部分切除の場合はリスクの少ない症例では腹腔鏡で、腹腔鏡では困難と思われる場合は開腹で行っています。腎がんでは他の臓器に転移している場合でも、可能であれば原発巣、転移巣ともに摘出した方が予後が良いと言われています。当院でも各科協力のもとに積極的に外科的切除を行っています。外科的切除の適応がない場合でも分子標的薬やインターフェロンを含めた集学的治療を取り入れています。

  • 前立腺がん
    T1c (前立腺特異抗原PSAの上昇で発見された癌), T2 (前立腺に限局する癌), 一部T3 (前立腺被膜を超えて進展する癌) という段階の症例については内視鏡を補助的に使用しながら可能な限り小さな切開で前立腺を摘出する腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術(ミニマム創手術)を行っています。単に癌のコントロールだけではなく、術後の尿失禁をはじめとした「生活の質」を第一に考え、膀胱頚部、海綿体、尿道括約筋周囲のダメージを最低限にする体に優しい手術を行っています。また、放射線科と協力し放射線治療も数多く手がけております。進行していて手術や放射線治療が適応とならない場合でも、ホルモン療法や化学療法を積極的に施行しております。

  • 膀胱がん
    表在癌という悪性度の低いタイプであっても非常に再発が多いため、経尿道的な切除術(TURBT)後にいかに再発を少なくするかが重要なポイントとなってきます。当科ではTURBT直後に抗癌剤を注入するほか,再発予防効果の高い結核菌を膀胱の中に注入するBCG膀胱内注入療法を積極的に行い癌の再発を予防しています。また、リスクの高い症例には一定期間後に再手術を行うセカンドTURBTを積極的に取り入れ、残存腫瘍の有無や診断のエラーを再確認しています。一方,筋層浸潤癌という進行癌に対しては根治的膀胱摘除術+骨盤リンパ節郭清術(+尿路変向)が標準治療となっています。膀胱壁外に浸潤する場合は術前化学療法を導入することで治療成績が向上することがわかっているため、可能な症例では術前化学療法を施行後に手術を行っています。また、膀胱癌の再発チェックのために、定期的に膀胱内を内視鏡で確認することが必要ですが、当院では痛みの少ない軟性膀胱鏡をもちいて定期検査を行っており、患者さまの精神的・肉体的な負担を減らすよう努力しています。

腹腔鏡手術

  • お腹に5~15㎜ほどの穴を2~5か所あけて炭酸ガスを注入して膨らませ、穴からカメラと専用の手術器具を挿入して手術を行います。傷が小さく出血も少ないため、従来の開腹手術と比べて、術後の痛みが少なく回復が早いことが特徴です。

    開腹腎摘除術の切開ライン 腹腔鏡下腎摘除術では5-15mmの穴を3-4ヶ所開けて手術を行います。
    ※腎臓を摘出する際に1ヶ所の傷を5cmほど延長します。

    <当院泌尿器科で施行できる腹腔鏡手術>
    ・副腎腫瘍:原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎がんなど
    ・腎腫瘍:腎細胞がん、腎血管筋脂肪腫など
    ・腎盂がん
    ・尿管がん
    ・膀胱がん
    ・後腹膜腫瘍
    ・腎盂尿管移行部狭窄症
    ・腹膜透析用カテーテル留置
    ・骨盤臓器脱
    ・精索静脈瘤
    ・尿膜管遺残症 など
           …その他、ご相談ください

骨盤臓器脱(POP)

  • 女性の骨盤内臓器(膀胱・子宮・直腸など)は多くの筋肉、靭帯、膜で支えられています。それらが脆弱化し、骨盤内臓器を支えきれなくなり、膣から脱出した状態を骨盤内臓器脱といいます。脱出した臓器により膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、子宮摘除後の膣断端脱があり(図1)、合併症も珍しくありません。

    図1 骨盤臓器脱の分類

    従来の骨盤内臓器脱に対する手術は、膀胱瘤や直腸瘤に対して膣前後壁縫縮術など膣壁を切開して脱出した臓器を還納後、伸びきった膣壁を切除し収縮するというアプローチが行われてきました。また、子宮脱に対してはManchester手術や子宮摘除術が選択されていました。しかし再発率が高いこと、性機能温存の点からも新しい術式が望まれていました。
     以上のような背景から近年様々な素材や形状のメッシュを使用した術式が考案されました。メッシュを使用した手術の利点は排尿機能や性機能を含めた骨盤底が持つ本来の機能を損なうことなく骨盤底を低侵襲に再建できる点です。
     当院では生体適合性に優れたポリプロピレン製のメッシュシートを用いたTVM(Tension-free Vaginal Mesh)手術、腹腔鏡下仙骨膣固定術を施行しております。

  • ●TVM手術

    1. Anterior (前方) TVM
      膀胱瘤に対して施行します。膀胱と腟の間にポリプロピレンメッシュのシートを留置し4本のアームを閉鎖孔に導くことで膀胱をハンモック状に支えます。
    2. Posterior (後方) TVM
      子宮脱、直腸瘤に対して施行されます。メッシュシートを子宮・腟の後面、直腸の前面に留置し、2本のアームを仙棘靭帯を通して皮膚へ導きます。
      膀胱瘤と子宮脱・直腸瘤の合併例ではanteriorとposterior TVMを同時に施行します。
    3. Total TVM
      子宮摘除後の腟断端脱に対しては、前方、後方用のメッシュシートを一体型として挿入することでより強固に脱を補強できます。

  • 腹圧性尿失禁
    日本排尿機能学会より2003年に報告された疫学調査によると、本邦における健康な40歳以上の女性の43.9%に尿失禁を認めたとされています。尿失禁の中でも、咳やくしゃみ、重いものを持つなどお腹の中の圧が上昇した時に尿が漏れるものを腹圧性尿失禁といい、女性で最も頻度の高い尿失禁といわれています。腹圧性尿失禁のうち、薬物療法や骨盤底筋体操などの保存的治療で効果が不十分な場合に手術の適応となります。

  • TOT・TVT手術
     これまでに腹圧性尿失禁の手術療法として100種以上の手術法が考案されていますが、現在、最も広く行われているのが中部尿道スリング手術のひとつであるTVT (tension-free vaginal tape) 手術とその改良版ともいえるTOT (trans-obturator tape) 手術です。TVT手術は尿道の裏打ちとなる組織が十分な弾性と支持力を保っていれば尿失禁は起こりにくいというインテグラル理論に基づき、膣壁の切開創からポリプロピレンテープを尿道後面に尿道を支える形で留置し、脆弱化した尿道周囲組織の機能を補完することにより尿失禁を防止します。治療成績も、尿失禁消失率が90%以上と良好で長期的な再発率も低いといわれています。手術手技も比較的簡単で手術侵襲も低いことが利点ですが、ポリプロピレンテープをブラインド操作で膀胱近くを通過させながら留置するため、膀胱損傷やまれではありますが腸管、血管、神経損傷などの重大な合併症を起こす可能性があります。この問題点を改善したのがTOT手術です。TOT手術はポリプロピレンテープを尿道脇から骨盤腔内を通し腹壁に導くTVT手術に対し、テープを尿道後面から左右閉鎖孔を通して皮膚まで導くことが特徴です。テープの通過距離がTVT手術より短く、大血管や重要臓器の近くを通過しないため、より安全で手術手技も簡便です。当院では基本的にTOT手術を施行し、重症例や再発例など一部の症例に対しTVT手術を施行しております。

その他、診療について

  • 一般外来以外に前立腺外来男性更年期外来排尿外来を設けています
    ・腎臓の機能が低下している患者さまを内科医とともに診療させていただいております。腎不全で透析が必要となられた方には透析療法を行っています。入院での透析も可能です。
    ・腎結石、尿管結石などの尿路結石に対しては結石破砕術(f-TUL)(ESWL)を行っております。

    • セカンドオピニオンに関しては、あらかじめご連絡をいただければ十分な時間を取れる日時にご相談をお受けすることも可能です。

  • NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

    当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。 最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
    登録される情報は個人を容易に特定することはできないものですが、個人情報の保守に厳重な配慮をしております。なお、患者さまの自由な意思に基づき、参加されたくない場合はデータ登録を拒否して頂くことができます。当科のスタッフへその旨お申し出ください。拒否されたことで不利益を被ることは一切ございません。
    より詳細な情報は下記よりご覧ください。

    一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページ(http://www.ncd.or.jp/