診療科

リハビリテーション科

診療科紹介

新しい生活を応援します 連携・信頼・進化のリハビリ

リハビリテーション科とは

当科では急性期リハビリテーションはもちろん、退院後の維持期・生活期リハビリテーションとしての訪問リハビリテーションにも力を入れております。また入院から在宅まで、切れ目のないリハビリテーションの実施を目指しています。

装具の調整をして欲しい、あるいは新しく作り直したい

毎週水曜日の午前に装具診外来を行っております。義肢装具士が来院し、上肢・下肢装具・義足などの調整や新規作製を実施しています。受診ご希望の方は、電話にて装具診外来の予約をお取り下さい。(TEL: 048-665-6111)

食事時の嚥下(飲み込み)が大変になった、嚥下時にむせてしまう

脳血管障害を始めとした、様々な疾患で嚥下障害をきたしますが、特に加齢に伴う疾患(認知症も含む)に伴うことも多く見られます。特に高齢者では嚥下障害がきっかけとなり、低栄養状態となり、筋力低下や免疫力の低下などが起こり、寝たきりになってしまう危険が高くなります。さらに嚥下障害があると、食物が気管に入り窒息や肺炎も起こしてしまうこともあります。当科では二種類の検査を実施しています。

  • 嚥下造影検査(VideoFluorography、VF)
  • 嚥下内視鏡検査(VideoEndoscopy、VE)

いずれも毎週水・金曜日の午後に実施しています。検査ご希望の方は、電話にて毎週木曜日のリハビリ科外来を予約頂き、検査についての詳しい説明をお聞き下さい。(TEL: 048-665-6111)

麻痺による筋肉のつっぱりや痛みがあり、歩行が困難、あるいは日常生活に支障をきたしている

当院では麻痺による痙縮(筋のつっぱり)がある方に対する治療の一環として、ボトックス注射を実施しています。
参考サイト:http://btx-a.jp/index.html

注射実施の前に、問診・身体診察にて注射可能かどうかの判断が必要であることと、注射についての詳しい説明をお聞きになる必要があります。こちらについても、木曜日のリハビリ科外来の予約をお願いします。(TEL: 048-665-6111)

担当医

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
靍見一恵 予約制

スタッフ

職種 人数
医師 1名
理学療法士 41名
作業療法士 19名
言語聴覚士 6名
事務 3名