緩和ケア病棟

彩の国東大宮メディカルセンター緩和ケア病棟とは

がんによる痛みやさまざまな症状、気持ちの辛さなどの苦痛を和らげることを目的とした専門病棟です。通院では治療な困難な患者さまが入院の対象になります。症状等が緩和された後は、当院緩和ケア外来に通院しながら緩和ケアを受けることができます。また、通院が困難な患者さまに対しては、地域の医療機関と連携しご自宅でも緩和ケアが受けられるよう支援いたします。
緩和ケア担当医はこちら

チーム医療

緩和ケア病棟では、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ボランティアなど、様々な職種・業種のスタッフが関わり、患者さまに適切な緩和ケアの提供に努めています。

緩和ケアの理念

私たちは、がんと共に生きる患者さまとご家族の尊厳を大切にし、QOL(生活の質)の向上を目指し、患者さまがその人らしい生活を送れるよう支援いたします。

基本方針

  1. がんの治癒や延命を目的とした治療ではなく、がんに伴う身体的、精神的な苦痛、スピリチュアルな苦痛、不快な症状を緩和するための治療およびケアを提供いたします。
  2. 患者さんの生命を尊重し、死の過程を自然なものとして見守り、死を早めることも遅らせることもしません。
  3. 患者さまとご家族が住み慣れた自宅へ戻ることができるよう、地域の医療機関や訪問看護ステーション、ケアマネージャー等と連携を図ります。
  4. 医師、看護師、MSW、薬剤師、栄養士、リハビリテーションスタッフ、ボランティア等でチームを組み、患者さまのQOL(生活の質)が高めていけるように支援をいたします。
  5. 患者さんの意思、価値観、信念を尊重し、最期までその人らしく過ごせるように支援いたします。
  6. 治療やケアの方針については、患者さん・ご家族の意向を確認し、必要な情報を提供させて頂いた上で、患者さま・ご家族の希望を尊重しながら決定していきます。

緩和ケア病棟で緩和ケアを受けるための条件

  1. 悪性腫瘍に罹患し緩和ケアを必要とする患者さまを対象とします。
  2. 患者さまと家族が緩和ケアを望んでいることを原則とします。
  3. 緩和ケアの提供時に患者が病名・病状について理解していることを原則とします。
  4. 家族がいないこと、収入が乏しいこと、特定の宗教を信仰していることなど、社会的、経済的、宗教的な理由で差別はしません。

入院の条件

  1. 悪性新生物によって生じるさまざまな症状の緩和が、外来診療では困難な患者さまを対象とします。
  2. 患者・家族が緩和ケア病棟への入院を望んでいることを原則とします。
  3. 緩和ケア病棟入院時に病名・病状を告知されていることを原則とします。また、今後病状が進行した場合は患者の求めに応じて、主治医が適切に病状の説明をすることを家族が了承されていることを原則とします。
  4. 抗がん剤・放射線治療・延命処置は緩和ケア病棟では行ないません。病気の自然な経過をみていくことになり、辛い症状には積極的な緩和を目指します。抗がん剤・放射線治療による治療を行いながら緩和ケアを希望する場合は、一般病棟において(緩和ケアチーム)緩和ケアを受けます。
  5. 初診外来で診察を行い、入院判定会議で許可された患者に限定します。
  6. 他の患者さまへの迷惑行為がないこととします。

退院の条件

  1. 症状コントロールができ、病状が安定している
  2. 患者さま・ご家族が退院もしくは転院を希望している
  3. 抗がん剤・放射線治療・延命処置など積極的治療を希望している場合
  4. 悪性新生物以外の併存疾患に対する治療を優先する必要がある場合
  5. がんに伴わない精神症状のコントロールが困難であり、専門的精神科治療が必要であり、人に危害を加えるなど他の入院患者さまに迷惑がかかり共同生活が難しく病棟での管理が困難である場合
  6. 状況・状態の変化に応じて退棟が適切と当院が判断した場合

緩和ケア病棟施設案内

平成27年7月、新病院オープンと共に緩和ケア病棟を開棟しました。
さいたま市初の緩和ケア病棟です。

病床数
22床
大部屋
(4人部屋)3部屋 (無料)
個室
10部屋 (1日15,000円税抜き)
トイレ、シャワールーム、洗面台、テレビ、冷蔵庫、チェスト完備
※お部屋は利用状況によりご希望に添えない場合もございます。
設備
ディルーム、談話室、キッチン、家族控室、瞑想室、介護浴室、一般浴室、洗濯室、身障者用トイレ


大部屋:4人部屋になります


個室:ベッドに寝たままテラスに出られます。ソファはベッドにもなり、ご家族が近くでお泊りいただくこともできます


家族控え室:患者さんのお近くで休憩・宿泊ができます。


ディルーム:屋上庭園と見沼たんぼを一望しながら、ゆっくりとくつろいでいただくことができます。

談話室:ご家族やご友人とゆっくりとお話ができ、くつろいでいただくことができます。

キッチン:患者さまやご家族に腕を振るっていただくこともできます。

屋上庭園:日当たりのよい屋上で日光浴やお散歩ができます。


瞑想室:柔らかな雰囲気のお部屋です。1人にゆっくりと過ごしたり、ご家族と大切はお話をしたり、さまざまな用途に使えます。

介護浴室:寝たままの状態で入浴していただくことができます。

一般浴室:患者さま、ご家族どちらもご利用になれます。ゆったりと足を伸ばして入浴できる広さを備えています。

食事について

緩和ケア病棟では「さくら膳」という一般食よりも品数を増やした食事を提供しております。また、個人の嗜好にあわせて工夫もさせていただいておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。

嗜好品について

  1. 喫煙
    当院は全館禁煙となっております。喫煙をご希望される方は、外出・外泊等でお楽しみしていただくようにお願いしております。
  2. 飲酒
    患者さまのみ、たしなむ程度の量でしたらお楽しみいただけます。ご家族や面会者の飲酒はご遠慮いただいております。

面会について

特に時間の制限はなくいつでもご面会いただけます。ただし、午前11時(土日祝は13時)~20時以外の時間帯は看護師までご連絡ください。

ペットの面会について

病棟内で飼うことはできませんが面会は可能です。ただし、面会できるペットの大きさは、ケージに入るまでの大きさとしております。また別経路でのご案内になりますので、ご希望の方は看護師までご相談ください。

緩和ケア病棟ご利用までの流れ

紹介元の医療機関の医師又は看護師に必要書類を用意していただきます。
事前に必要書類は当院へFAXをお願いします。
(入棟依頼書 (word/PDF

患者さま・ご家族さまへ―緩和ケア病棟入院に際しまして―

●ご案内(PDF)

紹介元の医療機関より予約のお電話をお願いします。
①がん相談支援センター  048-665-6116(直通)
②地域連携室       048-665-6115(直通)

【緩和ケア外来】
・馬場先生 午後(月・金)
・林先生   午後(火・木)
・家族のみの受診の場合 ¥5,400かかります。
入院相談後、病棟のご案内も致します。

入院を希望される場合は、患者様又はご家族より緩和ケア病棟入棟申込書を提出していただきます。

判定会議の結果については、MSWより紹介元の医療機関へ電話にて連絡致します。

ベッドのご用意ができ次第、入院のご案内をさせていただきます。

【予約窓口】
がん相談支援センター TEL・FAX 048-665-6116(直通)
地域連携室       TEL・FAX 048-665-6115(直通)

【その他お問合せ】
医療福祉相談室
TEL:048-665-6111(代表)