専門外来

乳腺外来

乳腺専門外来のご案内

乳腺外来では市検診や企業検診、検診後の精査、乳がんの診断と手術・その後の再発予防治療や術後の経過観察などさまざまな患者さまに受診していただいております。外来化学療法室ではリクライニングシートを導入し、化学療法の間をなるべく快適に過ごしていただけるよう、がん治療センター内に外来化学療法室を設置しております。化学療法に関しては日本癌治療学会癌治療専門医が薬剤の種類、用法・用量をチェック、投与時のダブルチェックと投与後の状態観察手順を確立しています。新病院となり,新たにPET-CTの導入や乳がんの温存術後に必須の放射線治療、また緩和ケア病棟の充実化も行われ、総合的に乳がん患者さまを診療できる体制となりました。

また、検診として比重の高いマンモグラフィ撮影装置も中央精度管理委員会認定適合機種であることはもちろんのことですが、新機種であるFUJIFILM DITGIAL MAMMOGRAPHY SYSTEM AMULETも導入し、低線量かつ短い時間で行えるようなりました。検診の啓蒙ととも徐々に増えつつある早期乳がんの診断に必要なステレオガイド下マンモトーム生検も行えるようになりました。撮影は女性技師、マンモトーム生検施行医師も女性医師が行いますので、検査中はすべて女性という環境で安心して検査を受けることができます。乳房超音波検査もマンモグラフィ同様に女性超音波検査士が最新機種である東芝Aplio™ 500 汎用超音波画像診断装置を用いて行います。

今後も病診・地域連携などとのネットワーク構築やその活用による乳腺チームのレベルアップを図り、より良い診療ができるよう努力していきます。

こんな症状はないですか

  • 乳房にしこりがある
  • 乳房の形が最近になって変化した
  • 乳房に「しこり」を触れる
  • 腕を挙げたとき、乳房に「えくぼ」「ひきれつ」がある
  • 乳首からの分泌(レンガ色)がある
  • 乳首にびらんや、ただれを認める
  • 乳首全体が赤く腫れていたり、乳房に潰瘍ができて治らない
  • わきの下のしこり(硬いリンパ節)を触れる

上記症状があてはまるからといって、必ず乳がんというわけではありません。
乳腺には意外と良性疾患が多いのです。自分で触っただけでは、良性か悪性かがわからないことがほとんどです。
今までなかった乳房の症状が出てきたら、一人で悩まず、まずは乳腺外来外科にて専門医にご相談ください。

担当医

医長 金 直美 (きん なおみ)

医長  金 直美 (きん なおみ)

【プロフィール】

(乳腺外来担当)


【資格】

日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
日本乳癌学会乳腺専門医
検診マンモグラフィー読影認定医
乳房超音波読影医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント基準医師
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00-12:30
(診察) 9:00~
金 直美  
金 直美  
金 直美  
担当医 
午後受付
12:35-17:00
(診察) 14:00~