専門外来

鼠径ヘルニア外来

ヘルニアとは

「鼠径ヘルニア」(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの小腸などの一部が、ももの付け根(鼠径部といいます)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。患者さまは乳幼児から高齢者まで幅広く分布しますが、特にももの付け根の筋膜が弱くなる40 歳以上の男性に多く起こる傾向があります。【右図 1】

初期のころは、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきてやわらかい腫れができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。鼠径部に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。腫れが急に硬くなったり、押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアの「カントン」といい、急いで手術をしなければ命にかかわることになります。【右図 2】

チェックしてみましょう!

  • 思い荷物を持つ仕事が多い
  • 下腹部に重苦しさがある
  • 腹部に腫れがありときどき痛む
  • 立っているときなど腹部○(左図参照)に腫れができている
  • 入浴しているときに足の付け根に腫れができている
  • 足の付け根あたりにふくらみが感じられる
  • 上から見下ろして腹部・足の付け根あたりに左右のふくらみの違いがある

治療法

ヘルニアは自然には治りません。カントンを起こす前に手術をすれば簡単に治ります。

腹腔鏡下ヘルニア修復術
当院ではヘルニアの脱出する穴をメッシュ・シートを用いて塞ぎます。メッシュ・シートは内視鏡を用いて穴の部分に当てますので、鼠径部に切開を加える必要がありません。傷の痛みも少なく、美容的にも良好です。

腹腔鏡下手術では、従来から行われているお腹を切開する開腹手術と異なり、まずお腹に3mm から5mm の小さな穴を3ヵ所程度あけます。そのうちの1つの穴から腹腔鏡を入れてお腹の中を映します。その像をテレビモニタで観察してヘルニアの場所を見つけ、別の穴から入れた手術器具を操作して患部の治療をします。

入院期間は

当院のヘルニア手術の最大の利点は、内視鏡を用いたヘルニア修復術で、創が小さく、術後の痛みが少ないことです。
このため入院期間は従来の手術法に比べると、短期間で、仕事を休む期間も少なくてすみます。
当院では手術前日に入院し、手術翌日に退院となる2泊3日が基本となりますが、場合により手術当日の入院も可能ですので、担当医にご相談ください。

日常生活に復帰するにはどの位必要

一概には言えませんが、日常生活(散歩、軽い運動、庭いじり)や机に座ってする事務などは退院後、直ぐ可能です。
 術後2週間を過ぎれば、ゴルフなどそれほど激しくない運動であれば、再開することができます。なお、詳しいことは主治医にご相談ください。

手術後について

術後1 ~ 2 ヶ月間はつっぱり感が出ることがありますが、やがて消失します。
稀にヘルニアの再発が起こることがあります。異和感を感じたら、ご相談ください。

担当医

院長 坂本嗣郎(さかもとつぐお)

院長  坂本嗣郎(さかもとつぐお)

【プロフィール】

彩の国東大宮メディカルセンターを癌治療のできる県内有数の病院にしたいと考えています。高い技術を持って治療に当たらせて頂きます。


【資格】

医学博士
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器病学会指導医・専門医・認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構・暫定教育医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本クリニカルパス学会評議員
TNT
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本医師会認定産業医
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
緩和ケア研修修了
難病指定医

 小島成浩(こじましげひろ)

小島成浩(こじましげひろ)

【資格】

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本ヘルニア学会評議員
TNT
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
緩和ケア研修修了
難病指定医

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00-12:30
(診察) 9:00~
坂本嗣郎 予約制
小島成浩 
午後受付
12:35-17:00
(診察) 14:00~
小島成浩 受付終了16:00