診療科

麻酔科

診療科紹介

教育認定施設
日本麻酔科学会認定研修施設

麻酔科は、主に手術の麻酔をかけることを行います。麻酔をかけることは、手術中の鎮静(眠っている状態を維持すること)・鎮痛(痛みをとること)・全身管理(手術をうける患者様の状態を正常な状態に保つこと)を意味します。手術を受ける患者様の術前・術中・術後のすべての過程で、患者様の状態を把握し、安全で痛みのない安定した状態を維持できるように努めます。

当院は日本麻酔科学会の研修認定施設となっており、日本麻酔科学会指導医、専門医、認定医が麻酔業務を行うことで、質の高い麻酔業務が行われるように心がけております。

2014年度の総手術件数2,196件のうち、麻酔科管理1,226件(全身麻酔1,018件、脊椎麻酔・硬膜外麻酔193件、伝達麻酔15件)となっています。

当院で主に行う麻酔

  • 全身麻酔
  • 脊髄くも膜下麻酔
  • 硬膜外麻酔
  • 超音波ガイド下神経ブロック
  • 鎮痛薬の持続静脈内注入
  • 心拍出量センサー・中心静脈内酸素飽和度カテーテルを用いた全身状態把握
  • 経食道心エコーを用いた心臓の状態の評価

担当医

部長 町田貴正

部長  町田貴正

【資格】

日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
麻酔科標榜医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医
ACLSプロバイダー

医長  高野友美子

【資格】

日本麻酔科学会専門医・指導医
麻酔科標榜医
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
緩和ケア研修修了
難病指定医

関連リンク

麻酔科医の役割

http://www.anesth.or.jp/public/anesthetist/

麻酔を受けられる方へ

http://www.anesth.or.jp/public/anesthesia/