治療支援部門

薬剤科

業務内容

調剤業務(内服・外用・注射・院内製剤)

内服
注射

 調剤業務では入院処方の調剤・監査を行います。われわれの仕事の基本となるのは、調剤です。調剤は医師の処方どおりに薬を調製するだけではありません。医薬品の有効性(効果)・安全性を考慮して、処方薬のアレルギー歴(体質)や、副作用、相互作用(飲み合わせ)などさまざまな事項について確認をし、これまでの服用状況記録(薬歴)と照合して調剤をしています。患者様との対話(服薬指導)から疑問点があれば医師に問い合わせした後に、監査が行われます。
 監査に関しては調剤者と異なる薬剤師が監査を行うことで、調剤過誤防止に努めています。さらに注射業務では、配合変化(調合により白濁してしまうなど)や投与量、投与速度(点滴速度)などを確認しながら、調剤を実施しています。抗悪性腫瘍薬(抗がん薬)や高カロリー輸液等の調製(混合)も原則、薬剤師が実施しています。
 当院には、電子カルテ・調剤支援システムが導入されており、安全かつ効率的な調剤が行えるよう努めています。

医薬品情報管理業務

di

 医薬品情報業務は医薬品情報室が担当しております。医薬品情報室では医薬品をより有効かつ安全に使用していただくために、最新情報(新薬・副作用情報など)の収集・整理・保管・管理をするとともに、それらを分析、加工して院内のスタッフや患者様へ情報提供を行っております。院内で起きた医薬品関連の有害事象の情報収集・解析や、プレアボイド報告の収集・報告なども行っております。
また、院内での医薬品の採否を決定する薬事委員会の準備・資料作成、医薬品マスターの整備、新薬のヒアリング、院内採用薬の医薬品集の作成、薬剤科内の勉強会の企画・運営をしています。その他、医師や看護師などの医療スタッフからの医薬品に関する問い合わせにも対応しています。

病棟業務

業務

 入院患者様のベッドサイドに訪問し、患者様本人やご家族様と直接対話をして(服薬説明・指導)、正しい服用法や薬効の理解のお手伝いをさせていただきます。また、医師・看護師をはじめ、多職種にわたる医療スタッフとのカンファレンスを実施し、チーム医療で対応しています。入院前に処方されていた薬は入院時にお持ち下さい。そのときの状態に合わせて服用継続の可否を確認させていただきます。誤投与を防ぐために、入院中は持参された薬も含めて一包化調剤とさせていただいております。

お知らせ

チーム医療への参加

チーム

・栄養サポートチーム
・感染制御対策チーム
・褥創対策チーム
・緩和ケアチーム

外来服薬指導業務

外来

 抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)やインスリン自己注射製剤、吸入薬等が初めて処方された患者様に対して、調剤薬局へ行かれる前に説明を行っています。また、現在使用中の薬に関しても疑問点や不安な点がございましたら説明させていただきますので、当院スタッフへお声掛け下さい。

化学療法業務

科学

 現在、抗癌剤治療は入院治療から外来治療に移行しております。通院治療において、少しでも患者様の不安を取り除き、重篤な副作用を回避できるような服薬指導をしています。患者様から聴取した症状から、各医療スタッフと積極に連携をとり、投与量変更や支持療法(副作用に対する予防策や治療)を提案し、必要な検査依頼なども行っています。
 日本では導入数が少ないアイソレーター(抗がん剤を調製するための機械)を導入し、無菌的な調製だけでなく、暴露を防ぐ対策にも取り組んでいます。
 がん治療に関する新しい情報を調べ、常に質の高いがん治療を提供できるように最善の努力を重ねています。

医薬品在庫管理業務

科学

 医薬品の無駄のない適正な購入と、不足しないための在庫管理を毎日実施しています。特に医薬品の有効期限、在庫量に注意し、緊急時にも必要な薬剤を迅速に供給できるよう、在庫場所や調剤棚の工夫も行っています。

薬物血中濃度解析

 TDM(Therapeutic Drug Monitoring :薬物血中濃度モニタリング)とは血液中の薬物濃度と治療効果や副作用に関する様々な因子をモニタリングし、患者個々に適切な薬の投与量を決定することを指します。血液中の投与薬剤の成分濃度を測定・解析を行い、医師の投与量判断や副作用防止のためのサポートをしています。

 当院で血中濃度の解析を行っている薬剤には以下の薬剤があります。

ジゴキシン / テオフィリン / バンコマイシン / テイコプラニン / アミカシン / フェニトイン/バルプロ酸 / フェノバルビタール / カルバマゼピン